ページの本文へ

Hitachi

日立水戸エンジニアリング株式会社

仕事がオンのときもオフのときも、いつだって生き生きとしていたいし、健康で充実した日々をすごしたい。
社員のそれら想いを実現するため、当社は“人を大切にする”という企業文化をベースに、各種制度の導入や環境整備などに全力で取り組んできました。
他県の人にも安心の住環境を提供する独身者用社宅をはじめ、日立製作所が提供する文化・体育施設や総合病院、健康管理センター、保養所など、各種の充実した福利厚生施設・制度を利用することができます。

福利厚生施設

保養所やフィットネスクラブなどで社員のリフレッシュをサポート。

 

保養所
保養所

 

フィットネスクラブ「リラひたち」
フィットネスクラブ「リラひたち」

社内イベント&スポーツ

社員同士の親睦・交流を深めるイベントが満載。

 

さつきまつり1
さつきまつり
(毎年6月第1土曜日に実施)

 

さつきまつり2
さつきまつり

 

 

大運動会
大運動会
(毎年10月に実施)

ワーキングスタイル

働きやすい環境のために、多彩なワーキングスタイルを提供。

フレックスタイム勤務制度

コアタイムは勤務必須ですが、1ヶ月の所定時間(約156時間)を満たせば、時間の使い方は自由です。

カジュアルスタイル制度

工場や試験場等、作業着等の着用義務のある場所もありますが、当社では、原則服装は自由となっています。若手社員の多くはノーネクタイで仕事に励んでいます。

リフレッシュ休暇制度

通常の休日や有給休暇とは別に、長期勤務者は、年数に応じた日数の連続休暇を取得できます。(勤続10、15、20、30、35、40年=5日/勤続25年= 10日)

NO残業デー制度

業務の進行上、やむを得ない状況を除き、基本的に毎週月曜日は定時の帰宅とし、社員に効率よく仕事を行う習慣を身に付けてもらっています。

ワークライフバランス

基本的な考え方

当社は少子高齢化による社会構造の変化やライフスタイルの多様化に対応し、従業員一人ひとりがやりがい・働きがいをもって仕事に取り組むとともに育児や介護等との両立を実現できるよう、働き方の見直しや各種休暇制度の整備を進めています。

次世代育成支援対策推進方に基づく行動計画

くるみんマーク

次世代育成支援対策推進法に基づく一般時業主行動計画に沿って、各種の両立支援制度がより適切に理解・活用されるよう周知を図り、更に時間外労働縮減に向けては「残業ゼロの日」を定めるなど取り組んできました。

尚、2015年3月までの行動計画の目標及び取組の結果が、基準に適合する一般事業主として認定され、その証となる認定マーク(愛称:くるみん)を取得しました。

2015年度よりスタートした当期計画でも、時間外労働縮減の推進や各種制度活用に向けた意識改革により、全ての従業員がその能力を十分に発揮できる環境作りへの取り組みを進めています。