ページの本文へ

Hitachi

日立水戸エンジニアリング株式会社

当社のITシステム開発部門では、最先端のIT技術を駆使し、(株)日立ビルシステム、(株)日立製作所のビルシステムビジネスユニット、鉄道ビジネスユニットおよび自社のIT業務を、多角的にサポートしています。
例えば、エレベーター・エスカレーター、鉄道・交通関連製品、各種ビル管理・セキュリティシステムなどの関連製品について、その受注から開発−設計−生産−出荷にいたる各種業務の流れにおいては、常に合理化・効率化が求められます。
当社ではそれらを実現するために、課題やニーズに柔軟に対応したシステムの開発・構築、さらにその後のシステム保守に至るまで、業務全体をバックアップする役割を担っています。
また、サーバーやネットワークなどの情報インフラについても、計画から導入まで一貫してサポートしています。

サポート体制

IT技術で業務を支える

3D−CADイメージ

先端のCAD技術で設計・製造の進化を促す

製品開発・設計に欠かすことのできないCAD設計システム開発では、3D-CADで作図された情報から製作手配への展開を図るなど、設計業務のみならず生産全体の効率化に取り組んでおり、システムの導入からカスタマイズまで、さまざまなニーズに応じたシステム開発を行っています。

業務システム計画イメージ

業務システムで工場の生産効率化を実現

生産の円滑な運営を支える業務系システムの開発では、ERPシステムをベースとした生産管理システムのチューニングから、ERPをサポートする周辺システムの開発まで、トータルソリューションとしてサポートしています。

情報インフライメージ

基幹システム・情報インフラを支える

情報セキュリティの維持確保、IT内部統制をはじめ、ネットワークシステムやサーバーの導入・維持管理、さらには業務を効率的に進めるためのイントラネットを使った社内情報システムの構築など、IT・情報技術のエキスパート集団として活動しています。