ページの本文へ

Hitachi

日立水戸エンジニアリング株式会社

社会インフラを支える、国内外の鉄道関連(電子連動装置、運転保安システム、インバータ駆動制御装置などの設計・製作など)のシステム分野でも、幅広く(株)日立製作所と一体になって設計・製作しています。

車両と駆動システム

ドバイモノレール
▲ドバイモノレール

つくばエクスプレス
▲つくばエクスプレス

安全で環境負荷の少ない駆動システム

新幹線や国内外の在来線電車、モノレールなどに搭載される駆動制御装置や運転支援システムの設計やソフトウェア製作、検査業務を(株)日立製作所の中で担当しています。新幹線や在来線電車などに搭載される電力変換装置ではパワーエレクトロニクスやマイコン応用の最新技術が駆使されています。
また、車両運行の安全を担っているのが「運行支援システム装置」です。
この支援システム装置は、列車の運転、停止を自動的に行う「自動列車運転制御装置」や異常時に安全に停車させる「自動運転停止装置」、車内情報をモニターする「車両情報監視装置」などがあり、これらの装置は、マイコン応用技術に加え、ネットワーク技術や3D-CADおよび強度解析技術を駆使した、高品質設計を行っています。
近年の鉄道は環境というキーワードを切り離すことができません。小海線(小諸〜小淵沢間)で運行開始されたハイブリッド駆動システムの開発や、軽量アルミ車両に搭載される装置開発などにも、積極的に係わっています。
さらに鉄道のニーズは世界に広がっており、英国、ドバイ、中国、韓国など、日本で培った技術に現地特有の環境、法規に合わせたシステムづくりを行っています。

地上設備

運行管理システム
▲運行管理システム

安全・確実に目的地へ誘導する地上設備システム

地上設備と呼ばれる代表的なシステムとして、列車の安全確保と高密度運転を実現するための運行管理システムや信号保安システム、電光掲示と自動放送を行う「旅客案内システム」などがあります。
信頼性に裏打ちされたコンピュータのハードウェア、ソフトウェアの技術とネットワーク技術が求められるシステムです。
当社は制御システムの構築、ソフトウェア設計・製作、制御盤の設計などを担当しています。